燻製「無添加手作りベーコン」リベンジ

こんにちは。Bライン府中寿町店マネージャーの山中です。

 

8月スタート! まだまだ暑い夏は続きます😱💦

自粛生活🏠️・マスク生活😷と不便でストレス溜まるな~😁💧

しんどいですがあと少し、マイペースで頑張りましょう♪

 

さて、前回初チャレンジしたものの失敗した「手作りベーコン」・・・トホホ・・・(;´д`)

 

作り方を全く変えてリベンジしましたo(`^´*)

 

↓参考にしたのはこちらのレシピ↓

たった1日で完成する「世界一美味しいベーコン」

【ベーコンの燻製】たった1日で完成する「世界一おいしい自家製ベーコン」の作り方 - 家men | オトコたちの家事を楽しく。毎日を楽しく。-パパ応援WEBメディア-
燻製ニストの佐藤暁子さんが、たった1日で作れて感動を呼ぶ「世界一の燻製ベーコン」の作り方を解説します。

 

《材料》

・豚肉(パラ肉かたまり)300g前後
(レシピでは、肩ロースを推奨)

・砂糖 大さじ1

・ソミュール液(水100cc 、塩10g、砂糖5g、ニンニクスライス1/2かけ分、黒コショウ大さじ1を鍋に入れてひと煮立ちしたら冷まして、しっかり冷やしておく)

・道具(スモーカー、アルミホイル、スモークチップ、網、ジップロック、キッチンペーパー、ピチットシートなど)

 

《作り方》

①砂糖大さじ1を豚肉全体にまぶします。

 

 

 

 

 

②砂糖をまぶしたら、キッチンペーパーに包んで冷蔵庫で1時間置きます。

 

 

 

 

③この1時間の間にソミュール液を作ります。

④ソミュール液で塩漬け

材料(水100㏄、塩10g、砂糖5g、黒コショウ大さじ1、ニンニクスライス1/2かけ分)すべてを鍋に入れて火にかけます。ひと煮立ちさせ、スプーンで混ぜて砂糖と塩が溶けたら氷で冷やします。

⑤1時間後、豚肉を冷蔵庫から出します。そして小さめのジップロックに豚肉とソミュール液を入れて、なるべく空気を抜きます。
肉の周りにソミュール液がいきわたるように調整。この状態で冷蔵庫で3時間漬け込みます。

 

 

 

 

 

⑥3時間後、肉の表面を水で洗います。表面の塩分を洗い流す作業です。

⑦その後、肉全体が水に浸かるサイズのボウルに水を入れ、肉内部の塩分を塩抜きします。10分おきにボウルの水を交換し、約30分かけて3回ほど塩抜きします。

 

 

 

 

 

 

⑧そして豚肉の表面の水分をキッチンペーパーでふき取った後、キッチンペーパー(レシピはピチットシート推奨)に包んで冷蔵庫で8時間乾燥させます。

 

 

 

 

⑨8時間経ったら燻煙開始

 

⑩アルミホイルを敷き、チップを2つかみ入れる(無難なヒッコリー使用)

 

⑪アルミホイルで脂受けの皿を作ってセットし、網をのせて燻煙します。

 

 

⑫脂受けの皿をセットしないと、肉からチップに脂が落ちて、煤(すす)の嫌なにおいのする燻製になってしまいます。

 

⑬網(100均で購入)の上に肉をのせたら、フタをして中火にかけます。2~3分たって鍋のフタのふちから白い煙が出たら、チップが焦げ始めたサイン。

 

 

 

 

 

 

⑭弱火にして20分間燻煙します。

⑲20分たったら火を止めます。いまフタを開けると煙で部屋中モクモクになってしまうので、まだフタは開けません。。

火を止めてから10分たつとようやく煙も落ち着きますので、そのころにフタをあけてください。

 

⑳やったー!できました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実食🍴

「うっまーい!」

リベンジ成功( ≧∀≦)ノ

付け合わせは、マッシュポテト・ズッキーニ。
ブラックペッパーをゴリゴリかけるとうっまーい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は美味しく出来ました(๑•̀╰╯•́)و.。.:*✧

 

調理道具もフライパンから捨てないでとっておいたボロい薄い高さのあるアルミ鍋へ、ガスコンロはSiセンサーが働き思うように使えなかったので卓上コンロへ変更。それも良かったみたいです。

別の日には、脂身の少ない「肩ロース」で作ってみました(桜チップ使用)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こっちは油が少ない分あっさりしていて美味しい😋

この鍋は燻製専用に、次回からこの作り方でいこう(^o^)/

☆ビーライン 府中寿町店公式サイトはこちら

☆まずは無料体験してみませんか?
無料体験&カウンセリングはこちら